为了寻找你,我搬进鸟的眼睛

高级的感情,最终形成精神和意识;低级的感情,只能沦为脾气和情绪。——安妮宝贝《喜宴》

吉卜力 Cover Album
曲名:いつも何度でも 千与千寻主题曲
歌手:伊藤サチコ
所属专辑:ジブリを聴きながら、上を向いて歩こう
发行年代:2011
风格:电影原声

展开歌词


呼んでいる 胸のどこか奥で
内心深处在呼唤
いつも心踊る 夢を見たい
我想要走进悸动的梦中
かなしみは 数えきれないけれど
虽然悲伤总是会重演
その向こうできっと あなたに会える
但是我一定能在某处与你相逢

繰り返すあやまちの そのたび ひとは
每次重蹈覆辙时 人总是
ただ青い空の 青さを知る
仅仅知道碧空之蓝
果てしなく 道は続いて見えるけれど
虽然永无止境的道路看起来总在延续
この両手は 光を抱ける
但这一双手一定会拥抱光明

さよならのときの 静かな胸
离别时平静的心
ゼロになるからだが 耳をすませる
身体归于虚无时的倾听
生きている不思議 死んでいく不思議
莫名的生存 莫名的死去
花も風も街も みんなおなじ
花 风 城市 都是如此

nananan lalala lululu
Nananan lalala lululu
呼んでいる 胸のどこか奥で
内心深处在呼唤
いつも何度でも 夢を描こう
让我们不停地画出梦的色彩
かなしみの数を 言い尽くすより
比起回忆心中的悲伤
同じくちびるで そっとうたおう
不如用同样的唇轻声歌唱

閉じていく思い出の そのなかにいつも
即使在封锁的回忆中
忘れたくない ささやきを聞く
仍然还有无法忘记的呢喃
こなごなに砕かれた 鏡の上にも
即使在粉碎的镜片中
新しい景色が 映される
仍然能映出新的景色

はじまりの朝 静かな窓
晨色初照下的宁静窗台
ゼロになるからだ 充たされてゆけ
还有化为虚无的身体
海の彼方には もう探さない
从此我不会越过大洋去寻找
輝くものは いつもここに
所有的闪耀都在身边
わたしのなかに 見つけられたから
我将自己去追寻

nananan lalala lululu
Nananan lalala lululu

飞鸟

路边野餐

文/毕赣

许多夜晚重叠
悄然形成黑暗
玫瑰吸收光芒
大地按捺清香
为了寻找你
我搬进鸟的眼睛
经常盯着路过的风

◎作者简介
毕赣,中国青年导演、诗人。1989年生于贵州凯里,苗族。作品风格展现新魔幻现实主义。首部电影长片《路边野餐》。

想像自身为禽鸟,徘徊日夜,全为了寻找你。

AKG三星S8原装耳机

猜你喜欢

1 条评论

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注